法律の中では、婚姻関係に・・・ 法律の中では、婚姻関係に・・・

皆さん、こんにちは。お元気ですか。法律の中では、婚姻関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から性的関係になることを不倫と定義しています。すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロの業者に依頼するという方法もあります。

不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをまず考えてから相談するといいでしょう。不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するようにしてください。相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にしてはいけません。

探偵が浮気調査する時でも時には失敗することもあります。探偵が浮気調査に精通しているといっても、成功しないことがありえます。調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠写真も撮れません。

探偵の一部はアルバイトの場合があるんです。探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所も多いのです。浮気調査をさせようとするときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

探偵に浮気調査をお願いして、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。心から信用のできない人間と人生を一緒に歩むのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、あまり無いのではないかと言っても良いでしょう。浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。ただし、違いがあるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。それでは、今日はこの辺で。有り難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です