インフルエンザは風邪とは・・・ インフルエンザは風邪とは・・・

こんにちは。いきなりですが、インフルエンザは風邪とは異なるもの言われているようです。その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急な高熱となり、その状態が3日から7日続きます。タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。しかし、肺炎をおこしたり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、恐れるに匹敵する感染症です。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として高く興味を持たれています。オリゴ糖を摂取した乳酸菌の働きはアクティブになり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内の状態を整えてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の働き向上や健康促進には必要不可欠な成分です。大便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭が感じられるようになります。どれだけ食事のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、お口の臭いは腸から胃をたどって不要なものを排出しようとし、口の臭いになってしまうのです。この場合、便秘が治ると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。オススメは、乙女の乳酸菌ですね!一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。いろいろ調べてみたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。これは世間での常識ですか?生まれて30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。

乳酸菌を過剰に摂取したとしても別に副作用といったものはありません。ではありますが、身体に良いにしてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーオーバーとなることはありますよね。体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、常識的な範囲を守っておくと安全でしょう。

内臓の調子をしっかり整えておくと肌が美しくなると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む食品だそうです。「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。何となくちょっと恥ずかしかったです。では、また^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です