不貞の慰謝料は200万円… 不貞の慰謝料は200万円…

こんばんは~。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまいます。さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。

身なりを確認して決定的な浮気の証拠を発見できます。浮気をすることで、明確に分かるのは今までとは変わった服装です。お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。今後、浮気をしそうな人がいたり、浮気している人がいるかもしれません。浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。信頼のできなくなったパートナーと一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を求めれば、二人が別れることは間違いないでしょう。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、それだけ調査費用が節約できるわけです。しかし、浮気をしている日時が気づいている場合でも、友人を説得して写真撮影をお願いすると、骨折り損になることは確実です。勘づかれないように写真を撮りたいときはプロに任せるのが一番でしょう。

ご自身での浮気調査がオススメできない理由は冷静でいることが難しくなってしまう可能性は否定できません。 どんな人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースがこれまでに多くありました。貴方自身のためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

GPS端末を使い、良く行く場所を調べて、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、現場を押さえられると考えられます。あまり予算が無い場合には、端末などで調べるのも、ひとつの方法ではあります。ただし、その装置を仕込んだことが発覚することがあります。ではでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です