浮気調査の依頼をするとき・・・ 浮気調査の依頼をするとき・・・

どうもです。浮気調査の依頼をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、浮気をしているかの確認を調査員1人ですることが多くなります。浮気をしている証拠をつかんだら、再度考えて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。動きを記録しておくことで浮気を実証できる場合もあるのです。大抵、人の日々の動き方には決まりができるものです。しかし、浮気すると、その習慣が変わってしまいます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを見つけることができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の証明ができる可能性が上がります。法律の上で、結婚した人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係になることを不貞と定めています。すなわち、法律上では、肉体関係を持っていなれば、普通のデートをしたとしても、不倫ではないのです。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。まず頭を冷やして、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚してしまうのも一つの案です。

費用を節約して浮気調査をするには、ある程度自分で前もって調査してから調査会社へ依頼することです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日のパートナーの行動記録をいいのです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅時間、電話がかかってきたならば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分でも買えるものかと言いますと、購入できます。通常は、追跡グッズはGPS端末を使うことが多いのですが、誰でもネットなどで買えます。車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも購入できるのは当然です。それでは、今日はこの辺で。また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です