浮気調査の依頼をするとき… 浮気調査の依頼をするとき…

こんにちは。今日は浮気調査の依頼をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気をしているかの確認を調査員1人ですることが多くなります。浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度話し合いをして調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。探偵による浮気調査の結果、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。心から信用のできない人間と人生を一緒に歩むのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査にかかるお金は少なくなります。といっても、いつ浮気をしているのかをわかっていたとしても、見知っている人にお願いして写真を撮ってくれることになっても、多くが失敗するに違いありません。勘づかれないように写真を撮りたいときはプロに任せるのが一番でしょう。

浮気調査で肝要なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。浮気の痕跡が確かでない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。もしも浮気が確かなこととなれば、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の素性を確定させるのです。

尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、安い料金で行うことができます。よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを調べておくことが重要です。最も疑いのある時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットがあります。

GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して行動の様子を分析したりします。普段、運転しないような人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。それでは、今日はこの辺で。また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です