法律的に、結婚している男 法律的に、結婚している男

おつかれちゃん。法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から男女の関係になることを不倫と定義しています。すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえないということになります。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査期間は短くなりますので、調査費用は安くなりますよね。しかし、浮気をしている日時が把握していても、顔見知りにいって証拠を撮ってきてもらうにしても、骨折り損になることは確実です。気づかれずに写真撮影を行うにはプロに任せるのが一番でしょう。領収書やクレジットカードから浮気の証拠を把握することもできるかもしれません。まず、いつもなら好んで行くことがないようなよくコンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、いつもその近くに赴いている事になります。その場所でずっと見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を望むのであれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、不倫関係が継続している事を、形として掴まなければなりません。その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、映像に残して貰えますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を貴方の手に届けて貰えるでしょう。夫が浮気しているところを奥様がつかまえて惨憺たる状態になるのは、映画やドラマでよく描かれます。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺傷沙汰にまでなってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのも選択肢の一つです。別れる決心がついている場合は、取っていい行動といえるかもしれないです。

依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばそれで終わりとは言えません。不倫をしているのか調べていくと、何かしらのトラブルが起こるものです。そういう時に、一番に依頼人のことを一番に気にかけてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。信頼してもいい探偵なのかは、お話を進めるときの印象などで慎重に判断する事を心掛けてください。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です