興信所か探偵事務所か迷う 興信所か探偵事務所か迷う

みなさん、お元気ですか。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような似たような仕事をしています。ただし、どちらかを選ぶとしたら企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に頼む時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査期間が長期になればなるほど支払う費用も高くなるのです。調べる人の事務所により、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。

不倫をされてしまったら、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。ただし、配偶者が不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな事を鑑みて裁判所に委ねることとなります。

車の目立たない場所にGPS端末を装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し、今いる場所をモニターしたり、データログを後から読み出し分析することもできます。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、実際にやってみるとそう簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので並大抵のことではないのです。勘付かれれば警戒をされるものなので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。相手の行動を見逃さないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。

GPS装置を用い、頻繁に行く場所を調査して、見張っていれば、いつかは来るはずですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。費用のご準備が十分ではないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、やってみて損はないと思われます。GPS装置がつけられていることが発覚することがあります。というわけで、今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です