妻又は夫が浮気しているこ・・・ 妻又は夫が浮気しているこ・・・

突然ですが、妻又は夫が浮気していることが明らかになっても別れたくなければ浮気現場を押さえようとすることはやめるべきです。パートナーを裏切ったことがバレた途端に妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともありえます。その上、浮気相手との会話によってひどくイライラさせられてしまいます。

 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、買えます。追跡グッズは、GPS端末を一般に用いることが多いのですが、これはいかなる人でもネット等で購入可能です。車に載せるGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。配偶者が不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等様々な角度から検証して裁判官が判断します。

自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は逆上してしまう可能性は否定できません。 自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?裏切られたことをいざ実感してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が過去にも多いのです。無事に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みおぞましい戦場になるシーンは、映画やドラマでよく描かれます。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというストーリーもよく使われます。浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。離婚になってもいいと思う場合は、実行する余地はあるかもしれません。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。もちろん、調査員が1人であれば安く、増えれば増えるほど高くなります。また、尾行の時に移動に車やバイクを使用するケースでは、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、要確認です。それでは、また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です