探偵が何もミスをしなくて・・・ 探偵が何もミスをしなくて・・・

こんにちは。みなさん、お元気ですか?探偵が何もミスをしなくても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、失敗してしまう場合もあるでしょう。浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約書を作る際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚しないままの方が良いこともあります。子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段としてごく自然に使われるからです。最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、好意を持つ相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。ですから、空き時間に電話することは十分考えられますね。浮気調査で先ずすべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次にすべきことは、浮気相手の特定です。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、不倫相手の正体を確定させるのです。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても夫婦生活を続けていきたいのであれば密会の場面に行こうとするのは避けましょう。浮気していることが明らかになってしまうと配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまう可能性を否定できません。また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に、大きく消耗することになります。

飲食店を利用した際の領収証には飲食時の同席者の人数が記載されている可能性があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。ほかに、クレジットカードで決済した時はしっかり月ごとに見るようにします。出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で宿泊したにしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいたと推測される場合があるでしょう。それでは、今日はこの辺で。また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です