浮気調査で自分のご主人や 浮気調査で自分のご主人や

こんにちは。お元気ですか。浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が明らかになった時、別れるべきか否か心が乱れますよね。そうならないように、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それは頭に血がのぼってしまう場合があるのです。普段は冷静でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多く報告されています。貴方自身のためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。

探偵の仕事は依頼された調査を行えばそれで終わりとは言えません。浮気しているかどうかを調査すると、トラブルが発生する可能性があります。そういう時には、依頼した人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。探偵を信頼してもいいか判断するには、お話を進めるときの印象などで落ち着いて決めてください。浮気調査の費用を節約する方法は、ある程度自分で前もって調べておくことです。難しい調査ではありません。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば調査費用の節約につながるのです。毎日の出勤時間、帰宅した時間、だれかと電話をしているようなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。同一電話番号との連絡を取っていたり取り合っているとなるとそれが浮気相手とのやり取りであるのはとても高いと言えるでしょう。その後、その電話番号の持ち主を割り出せますね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話が終わったら電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均では一週間以内です。覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあると思っていてください。逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分でやってみようとする人もいるものです。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるのでとても技術がいるでしょう。変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。不倫相手の存在が確かになれば次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、見張りなどの方法も用いて、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。でも、差があるとしたら、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。次回は、更に詳しく解説していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です