同一電話番号から電話を頻・・・ 同一電話番号から電話を頻・・・

いきなりですが、同一電話番号から電話を頻回に電話が掛かってきていたり取り合っているとなると浮気相手と連絡をとっているという見込みはある程度間違いないと思われます。そういったことに気付いたらその電話をしている相手を調べればいいのですね。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

離婚ということになってもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。けれども1人で踏み込むと、揉める元なので、避けたいところです。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するという方法があります。

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるようです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。調査にかかる期間が短くて済めば費用も安くすむわけです。

探偵の特徴としては、誰かに不審に思われないよう警戒を怠ることなく地味にコツコツと調査していきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。結婚した人の不倫を調査を探偵にお願いする時、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを前もって相談します。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、浮気調査を行った期間が長期にわたれば支払う費用も高くなるのです。調査する人の所属するオフィスにより、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。

例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。浮気していることが明らかになってしまうと相方が、ひどく感情的になってしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともあります。その上、浮気相手との会話によって精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は少なくなります。それに、不倫した相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要とされます。どの人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。

本人に気づかれないようにして、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要となる機材や技術があります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気の調査を探偵に任せると、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。

実際の浮気調査では、何人の調査員が必要なのかというと、調査によって一定とは限りませんが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、浮気をしているかの確認を調査員1人で調査をすることがよくあります。浮気が現実であると判明したら、再度考えて調査員の数などの詳細を決めていきます。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です