同じ電話番号の人から何度 同じ電話番号の人から何度

同じ電話番号の人から何度も電話が掛かってきていたりまた掛けていたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が非常に高いと言えます。そうしたらその電話番号の相手が誰かということを調べればいいのですね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話での連絡を浮気相手ととったのちには電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚の必要性については考えるべきでしょう。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところでトントン拍子で離婚の話は進まないものです。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。探偵をお願いすると高くなるので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、現実とフィクションは違うもので、相手に勘付かれずにつけるのは並大抵のことではないのです。気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。不信感を抱いてしまった相手と一生共に生活することは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると確実に別れさせることもできるはずです。

運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、行動を常時監視し続け、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。普段、運転しないような人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限らないでしょう。探偵が浮気調査に精通しているといっても、予期せぬトラブルに見舞われることがありえます。配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行がばれることもあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠写真も撮れません。

アルバイトとして探偵をしている人がいる例があってしまうのです。探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所も多くの例があるということです。浮気の調査をお願いする場合には、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、自分でできる範囲までは事前に調査しておきたいものです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日のパートナーの行動記録を立派な調査なのです。毎日、仕事に出る時間、帰宅した時間、電話が掛ってきたなら、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査をお願いすれば得をするかと言えばケースバイケースでそうでないこともあります。普通、成功報酬と言えば結果として不成功となった場合、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。それ故に、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、利用したいと思っている人もいるのです。ではでは、また~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です