配偶者のレシートやクレジ 配偶者のレシートやクレジ

みなさん、こんにちは。お元気ですか。配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をおさえる事もできるでしょう。まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをしばしば見かけるようになったら、いつもその近くに行っている事になります。そこで見張っていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。探偵には悪いところがなくても、依頼者側に落ち度があって、調査対象が警戒を強めてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。

尾行料金の相場はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。当然のことですが、調査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。また、尾行する際に車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認するべきでしょう。

日々、相手の生活の様子を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、ごまかしきれないような浮気の証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が間違いありません。そして、探偵に頼むという事は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。

離婚ということになってもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。しかし、単独で行くのは、喧嘩になりやすいので、止めておきましょう。あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信頼できる人が見つからない場合は、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それはカッとなってしまうおそれがあります。強い心を持っている人でも、実際の密会に居合わせてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が過去にも多いのです。貴方自身のためにも、本来の目的を達成するためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。それでは、今日はこの辺で!ありがとう御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です