事前に成功報酬と言われて 事前に成功報酬と言われて

突然ですが、事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功ということになるでしょう。実際のところは不明確であっても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬を請求されるのです。離婚ということになってもかまわない、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。その場合でも、自分だけで乗り込むというのはさらに揉める可能性が高いので、避けるのが賢明です。あなたが信じて頼れる人と行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に依頼すると良いです。もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数など様々な角度から検証して裁判所に委ねることとなります。

不倫をされてしまったら、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、仮面夫婦と化していたり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判官が判断します。自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発見された時、結婚生活を維持するかどうか迷って決められないですよね。まず頭を冷やして、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、よく考えておくことが賢明です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

行動をメモしておくことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。基本的に、日々の行動には習慣ができます。しかしながら、浮気をしている人は、そのパターンが揺らぎます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを断定ができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の裏付けがしやすくなります。ではでは。以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です